吉井孝生税理士事務所 | 事業承継について
顧問契約、事業承継、相続税など会社の税金・経理・経営を税理士が直接対応します。
事業承継とは、会社(事業)を、現在の経営者から他の人(後継者)に引き継ぐ形で譲渡することです。
事業承継をするということは、長年築き上げてきた伝統、社会的信用、取引関係、顧客を相続するということです。
確実に事業承継をおこなうことで、仕事に関係する目に見えない財産をしっかり引き継ぎ、今後の事業の発展につなげていきましょう。
会社の経営資源の状況や経営リスクの状況、経営者の所有資産及び負債の把握、相続発生時に予想される問題点と解決方法の有無、後継者候補などの現状を把握します。
誰を次に任せるのが会社にとってベストなのか?
多くの経営者にとって、後継者選びは最後の重要な判断・意思決定となります。
事業承継の方向性が固まれば、具体的な計画を作り上げていきます。
社内や取引先など、まわりの協力や理解を得ながら事業承継の計画を
進めましょう。
事業承継の方法としては、大きくわけて次の3つにわけられます。『親族に承継する』『従業員や外部からの後継者に会社を引き継ぎしてもらうか』『廃業、またはM&Aを活用する』 3つの方法を比較して、御社にとって最適な事業承継を決めていきます。
事業承継で引き継ぐものは、株式、取引先などの関係者と、事業です。こえれらの承継は一筋縄ではいきませんが、現状の把握に重点を置き、トラブルの起こらないよう、社長様の疑問やご相談にすぐさま対応できるよう努めております。 円滑で満足のいく承継を行うため、親身に対応させていただきますのでどうぞご安心ください。